KT-88S 製品情報

KT-88S シングルステレオ プリメインアンプ

KT-88S海外の著名アンプにも採用されている出力管KT-88を使用したステレオプリメインアンプです。
ジャズ、クラシック系ソース共オールマイティーにこなします。入力はライン2系統の他、フォノ入力(M、Mカートリッジ)に対応しています。
家庭用として充分なパワー(12W×12W)に加え小型スピーカーを使用する場合でも量感ある低音を再生するローブーストコントロールを装備しています。プリント基板は電子パーツが既にマウント済み、検査済みの為弊社キットの中では最も難易度が低く真空管アンプは初めてという方にもお薦めです。 完成後、出力管の電流を調整、設定する為デジタルテスターが必要です。

詳細内容

プリント基板は電源、増幅、トーンコントロール等が一体となった総合基板とフォノイコライザー基板の2枚で構成されます。
フォノイコライザーはムービングマグネットタイプのカートリッジ専用です。MC(ムービングコイル)
カートリッジの場合は別途昇圧トランスかヘッドアンプが必要です。
トーンコントロールはCR型、低音(ブースト専用)のみです。
プリント基板は全てマウント済み、検査済みです。
トランス類は全部で5個、内訳は主電源トランス、ヒータートランス、出力トランス2個、チョークコイルです。
主電源トランスはシャーシ内部、その他のトランスはシャーシ上部のトランスカバーの中に収納されます。
入力端子は金メッキタイプ
出力端子は金メッキ、バナナプラグ、Y型端子、線材直付け全てに対応
シャーシは鏡面仕上げステンレス、アルミ製前面パネルが付きます
出力段はフィックス(固定)バイアス、NFBは6.5dB

スペック

使用真空管

12AT7×1、12AU7×2、KT-88×2

入力

ライン2系統、フォノ1系統

コントロール

低音(ローブースト4dB/50Hz)、音量

入力感度/入力インピーダンス

500mV/100KΩ(ライン)
5mV/47KΩ(フォノ)

出力

12W×12W

出力端子

6Ω(4Ω~8Ωスピーカー対応)

周波数特性

20~40000Hz(-1dB1W)

サイズ

W256×H180(真空管除く)×D345(突起物含む)

重量

約9.2Kg

詳細写真

KT-88S 背面

背面

KT-88S 電源基盤/トーン基盤/イコライザー基板

電源基盤/トーン基盤/イコライザー基板

KT-88S サブシャーシ(加工済み)

サブシャーシ(加工済み)

KT-88S

カートの中を見る